仮想通貨を始めとしたビジネス情報を整理する

Crypto Blog

Artifact

【Artifact】『課金額は?』『お金かかるゲームなの?』に答えます。【DTCG】

更新日:

どうも、カケルです!

Artifactがリリースされる直前までプレイするのにも課金が必要だったため、
すごーくお金がかかるDTCGだと思ってる方も多いと思います。
(現在はカジュアルプレイが実装されているため、無課金でも遊べます。)

でも、実際はそんなことない!

一般的な紙のTCGと比べるとかなり安く遊べるゲームになっていると思います。
今回は、実際に私がどれだけ課金してどれだけカード資産があるのかを
紹介していきたいと思います。

Tier S ヒーローはコレだ!

開封前に何がアタリなのか
紹介していきます。

HEROのTierリストがこちらのサイトにまとまっています。
このゲームがヒーローの影響力が大きいですし、
強力なシグネチャカードもデッキに入りますので、
Tier Sのヒーローを見ていきましょう。

Axe

AxeはTier Sのなかでも最も強いカードであるといっても
過言ではないほどのパワーがあります。
リリース当初はArtifact本体よりも高い値段で取引されていました。
何が強いかっていうとこのカードのスタッツです!
防御力2がとてもデカいんですよね。
さらに、シグネチャカードであるBerserker's Callとの組み合わせが良くて、
敵ヒーローを一方的に倒していくことができます。

※ダラダラ記事を書いてたらナーフされてました。ごめんなさい。
新ステータス Axe:6/2/10

Drow Ranger

Drow RangerはシグネチャカードのGustがめちゃくちゃつよい!
たった4コストで敵ユニットを沈黙させることができます。
沈黙させられれば、
このターンの間は相手にカードを使わせないことができるので、
一方的にこちらから攻めを仕掛けることができたり、
守りを固めて体制を整えたりすることができます。

※こちらもナーフされてしまいました。
新効果 Gust:『選択した相手ヒーロートその両隣のカードを沈黙させる。』

Bounty Hunter

Bounty Hunterの特徴は高い攻撃力です。
Reactive Abilityであるので、期待値としては攻撃力9となります。高い。。
高い分敵ユニットを倒しやすくなるので、
シグネチャカードとの相性も良くて、
コインを多く手に入れることができるので、
有利に盤面を構築することができます。

Phantom Assassin


Phantom Assassinは通常スタッツも申し分なく、
対ヒーローであれば攻撃力プラス4されるので、
敵ヒーローを倒せる可能性が非常に高いことが強みですね。
さらにシグネチャカードも協力で、手札1枚失うデメリットはありますが、
敵ヒーローを問答無用で倒すことができるのは非常に強力です。

Kanna

Kannaの強みはまず、体力が高いため場持ちが良いことです。
さらに、各ラウンドで現れる近接クリープ2体が必ずKannaがいるレーンに
配置されるようになります。
この効果によってKannaのシグネチャカード効果がより発揮されます。
ダメージを受けているユニットの数だけクリープが発生するので、
10体とか平気で湧きますね。
数の暴力でKannaだけで、レーンを制圧することも可能です。

おまたせしました!さっそく開封!

Tier S ヒーローは当たるのか!?
見ていきましょう!

最初についてきた10パックと追加で購入した25パックの開封結果がこちら!

ヒーローカード

ドラウレンジャーとバウンティハンターとカンナが当たりました!
3/5当たってるのでとても良いと思います。

※↓ゴールドレアカードを参考に乗せときます。

Axeが欲しい。。。
めちゃくちゃ欲しい。
追い課金でさらに25パック開封しました。

ヒーローリスト(追い課金後:計60パック)

Axeでず。。。
ただ、ファントムアサシンを引いたので、ぼちぼちかと。

※ゴールドレアカードをのせておきます。

追い課金はよくないですね。
Tier Sヒーローは『ファントムアサシン』一枚しか増えなかったです。
ただ、全体的なカード資産としてはめちゃめちゃ増えてて、
いらないカードを砕けば、チケットには困らなそうです。

余談ですが、
チケットは5枚で550円で販売されています。
そして、カードリサイクルから1枚のチケットを生成するのに
20枚のカードが必要になります。

ということは

550 ÷ 5 ÷ 20 = 5 (円/枚)

となり、1枚あたり5円の価値は保証されているということになります。
なので、余剰カードでマーケットの価値が5円未満のカードがあれば
どんどんリサイクルしてチケットを生成していっていいかなって
個人的には思います。

おさらい

Artifactへの総課金額は

Artifact購入:2300円

50パック:5500円 × 2 = 11000円

計:2300円 + 11000円 = 13300円

となります。

これだけ課金すると、紹介したくらいのカード資産となり、
(もちろん、レアリティの低い紹介してないカードもたくさんありますよ)
チケットがたくさん手に入ります。
(ゲームに困らないくらい)

Artifactを始めようとしている人の参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

『赤・緑ブローラー』デッキのカードとプレイングを紹介はこちら↓


『青・黒コントロール』デッキのカードとプレイングを紹介はこちら↓


Artifactの魅力をまとめた記事もこちらにありますので、

ぜひチェックしてみてください。

では、カケルでしたー

おすすめ記事

1

こんにちは!カケルです! 日本時間11月29日にリリースされたデジタルカードゲーム『Artifact』の3つの魅力を紹介!     開発・運営チームがすごい! なんといってもArt ...

-Artifact

Copyright© Crypto Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.